悪天候 引越し

悪天候と引越し

引越し 悪天候

 

最近の日本では台風・豪雨・大雪などの自然災害が大型化しているように感じませんか?

 

もともと日本は雨が多い国ですから、引越し業者は雨の中の引越しには慣れています。
家財に雨除けのカバーをかけたり、家の中にも防水シートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなど雨の対策をするそうです。

 

通常の雨や雪で、引越しが延期されたり中止になることはほとんどありません。

 

しかし大型台風や記録的大雪の時は違います。
依頼者やスタッフの命にかかわる大問題ですから、引越しの中止や延期も十分にありえます。
会社としては無理に決行して事故を引き起こすほうが大問題となるからです。

 

ですから引越しの1週間前になったら、週間天気予報で台風や大雪の情報を見ておきましょう。

 

週間天気予報で引越し当日に台風の災害が直撃しそうなら、すぐに引越し業者に連絡して対応を協議しましょう。
引越し時間の変更、延期、中止、様子を見ながら決行など考えられる対応は様々ですが、いずれにしてもどちらか一方の意見では決められません。話し合いが必要です。

 

それと引越しの前日と当日のキャンセルにはキャンセル料がかかることがあります。
天候による引越し予約のキャンセルにキャンセル料がかかるかどうかは引越し業者次第です。

 

自分は大事を取ってキャンセルしたいけど引越し業者は決行できますと意見が割れることもありますので、余裕を持って連絡を入れておきましょう。

トップページ > 冷蔵庫を移動するのに1番安い方法